ペニスをきつく握るオナニーはしない。

MENU

ペニスをきつく握り締めてするオナニーもだめ。

※ペニスに負担がかかりすぎます。

 オナニーをしているとどんどん刺激がほしくなってきて、ペニスを握る力がどんどん強くなってくることが多いです。たまに強くて、強弱を楽しむぐらいなら問題はないですが、ペニスがうっ血するほど強く握ってオナニーをするのはとても危険です。

 そもそもうっ血しているということはペニス内部で内出血が起こっているということなので、自分でペニスを痛めているということになります。

 

それがのちのち勃起不全などの症状につながることもあります。勃起不全になれば当然ペニスが使われない状態になるので、そのまま精力が減退していくことになります。
 このようなことからきつく握りしめるオナニーはペニスへの刺激が強すぎるため、女性とセックスしても刺激が足りず、女性の体ではいけなくなってしまうので直ちに止めましょう。

ペニスを強く握るオナニーからの卒業する方法

 

 ※コンドームをはめてオナニーするのも効果的

 オナホールを使って徐々に刺激を落としていくという方法も効果的ですが、ツブツブがあるコンドーム付けてオナニーをするのも改善方法の一つです。普段よりも刺激があり、手の力をそれほど入れなくても気もちいいので、慣れてくれば徐々に床オナから卒業することができます。

 

 

 ※精力剤を使う方法もあり

 その他の改善方法として、精力剤を使って勃起力や射精感をアップされせることで、徐々に刺激を抑えるという方法もあります。精力剤を使えばわざわざきつく握らなくてもガチガチに勃起するので、手をきつく握り締めるオナニーが止められない人でも、気持ちよさを感じることができます。そして、精力剤には射精感をアップさせる成分が配合されていたりします。なので普通にオナニーをするだけでも今でとは違った気持ちよさがあるので、精力剤などを使って徐々に普通の刺激に慣れていくのも一つの方法だと思います。